瀬尾電子工業 AZ−300Wシーラー(上下加熱式)【本州/四国/九州は送料無料】
販売価格

69,120円(税5,120円)

購入数


ご注文、お問い合わせは⇒ TEL 088-883-2101 橘屋商事(株) 業務部
FAXご注文の場合は⇒ FAX 088-883-2105 FAX専用注文書式(PDF)
ホームページ⇒ http://www.kokorowo.com/

瀬尾電子工業 AZ−300Wシーラー(上下加熱式)

作業方法:手動式
シール幅:8mm
有効シール長:290mm
※ヒーター線の長さは300mmです。
加熱方式:上下加熱、インパルス方式
電源:AC100V
機械寸法:340×300×170mm
機械重量:6.7kg

瀬尾電子工業製AZ−300Wシーラーは、シール幅8mm幅・有効シール長290mmの上下ヒーターを装備しており、厚物袋・エージレス包装に最適なシーラーです。

商品を両手で持ったままテーブルを押しこむことにより、シールバーが閉じ、丈夫なシールができます。


<<シーラー〜冷却時間について>>
 完全なヒートシール加工をするには『冷却工程』が重要となります。フィルムを溶着するには、溶着部分をシールバーで強い圧力をかけて押さえ込んだ上、加熱⇒ 冷却する必要があります。

 加熱時間(温度)は、フィルムによって変わってきますが、冷却時間は通常ですと加熱時間の3倍程度必要となります。たとえば、加熱時間が0.5秒の場合、冷却時間はおよそ1.5秒必要ということになります。

 ショップシーラーや足踏みシーラーの場合、加熱時間はボリュームで設定しますが、冷却時間は、作業者の判断になります。シールバーでフィルムを挟み込んで、加熱ランプが点灯・消灯しても、すぐにシールバーを離して、フィルムを解放してしまうと、本来の冷却が行われず、シール面は濁ったり、しわしわになったりします。

 きちんとした溶着を行うためには、加熱ランプが消えてから、加熱時間の3倍程度を目安に、シールバーをそのまま保持してください。これにより、透明感が高く、シワの無い、しっかりした溶着ができます。



【店長レビュー】
富士インパルスのFT−230シーラーなどに比べると、軽量構造ゆえ連続して作業すると熱がこもりがちになるという弱点もありますが、なんと言っても小型で、デザイン性にもすぐれているところがおすすめです。
なんでも1台で済ませたいなら、これですね。



完全なヒートシール加工をするには『冷却工程』が重要となります。



袋を挟んで加熱した時、加熱ランプが点灯します。加熱後、ランプが消えてから、少なくとも1〜2秒間は、テーブルをそのまま押し続けてください。これにより、加熱したフィルムが十分冷却され、結果的にきれいなシールができます。

冷却時間は、加熱時間の3倍以上を目安にしてください。



※商品写真は、姉妹品AZ-200Wシーラーです。

溶着部シール不良チェックに「シールチェックスプレー」のご使用をおすすめします。

シールチェックスプレー1本【本州/四国/九州は送料無料】
シーラー機でヒートシールした箇所が、完全に密閉されているかどうかは、通常目視しただけでは確認できません。シール状態(ピンホールの有無)をチェックするために、この「エージレスシールチェック」スプレーをお使い下さい。

【テフロンシートについて】
シーラーのヒーター線を覆っているテフロンシートは重要な役割を果たしています。

テフロンシートは、フッ素樹脂から作られた耐熱性をもったシートです。シーラーのヒーター線の上側は、電気絶縁と袋剥離のために、このテフロンシートが被せられています。

たいへん耐熱性が高いテフロンシートですが、ヒートシールを数千回繰り返していると、ヒーター線と直接接している部分が、黒く焦げてきます。これをそのままにしておくと、テフロンシートが破れたり、ヒーター線の破断の原因になったりします。

そこで、ある程度焦げてきたり、汚くなってきたら、テフロンを交換(または移動)します。ポリシーラーの場合は、短冊状のテフロンですので、古いテフロンは捨てて、新しいものに交換します。

ショップシーラーや足踏みシーラーなどは、溶着部の奥側にテフロン巻取棒があります。テフロン巻取棒に、テフロンが巻き込まれていますので、巻取棒と手前の押さえを止めているネジをゆるめて、テフロンを手前に少し引き出して下さい。これにより、ヒーター線に接するテフロンが新しくなり、きれいなシールができます。

テフロンシートが焼け焦げたり、破れたりしたまま、シール作業を行うと、シール不良やシーラー故障の原因となります。シーラーを使用する場合、テフロンシートはぜひ良い状態で使用して下さい。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける